私は妊娠がわかってすぐに仕事を辞めたので、
産後半年くらいたったころ新たに仕事を探しました。

参考: 産後 仕事探し

仕事探しで一番苦労したことは子供を預けるところがないということです。

認可保育園も認可外保育園も空きがまったくないのです。

とくに一歳になってから入ろうとすると、
0歳から入っていた子どもたちがそのまま学年がくりあがるので、
途中でやめたり転校しない限り、あかない、
つまり滅多に空くことはないということでした。

申し込みをしておいて、空き次第入ることもできるそうですが、
働いている人が優先されるのでいつになるかわかりません。

託児所つきの仕事も探しましたが、託児所もいっぱいだったり、
一歳以上にならないとみてもらえなかったり、なかなかみつかりませんでした。

ようやく見つけて託児所つきの仕事に決まりましたが、
仕事探しから半年ほどかかりました。

私の場合、本当に運良く託児所付の仕事がありましたが、
もしあのとき託児所付の仕事が見つからなかったらと思うとゾッとします。

世間ではなかなか自分のようにタイミング良く託児所付の仕事はないみたいです、
今でこそ、あの会社とあの会社には裏に託児所が付いてたなあ、とわかります。

しかし普通に暮らしていたら、子供が出来なかったら、
託児所付に会社なんて探すこともなかったに違いありません。

もっともっと子供を増やそうとしている国だったら、
そのあたりの情報を周知させる努力をして欲しいと思います。

関連記事


    パソコン教室のインストラクターの仕事をしていたのですが、 毎日来てくれる生徒さんもいたり、 来る度にスタッフに差し入れを持って来てくれる方や、 私に会うために通っているとまで言ってくれる方もいて、 本…


    求人を見ると経験者優遇の文字が、 定番になっている気がします。 私のように経験のない職種ばかりで中年のおばちゃんとなると、 面接を受けてもことごとく不採用になります。 未経験で出来る中高年パートは、 …


    主婦がアルバイトを探すとき地元などで探す人が多いと思います。 ママ友などに働いているのを見られるのが嫌という主婦の人は、 単発のアルバイトを派遣会社に登録してやったりするといいかもしれません。 単発ア…


    成約数に伴ってコミッションが上がる歩合制のアルバイトは言うまでもなく、専門知識が必要になる仕事が、高収入のアルバイトとして見受けられます。 大学生は色んなところでお金が掛かるものです。 勉強は当然の事…